読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韻文、さば缶、プログラマ

25歳。プログラミング初心者。文学部出身。RubyでWEBアプリケーションを作るまで。

Linux(Ubuntu)でOneDriveを動かす

LinuxUbuntu)でOneDriveを動かしてみました。

 

WindowsLinuxUbuntu)でデータ共有したいんや。」

 

WindowsUbuntuデュアルブートなので、もともとはCドライブにUbuntuからアクセスしようと思って頑張っていました。

ですが、よくわからず。

要は「Cドライブにマウントする」ということだそうですが、Cドライブをマウントする用のディレクトリを/mntに作成しようとし、mkdir(ディレクトリ作成)を実行しても、「許可がありません」と出てできず。

この許可とは、root権限が云々だそうなので、調べたもののよくわからず。

Windowsからアクセス権をいじろうとしたものの、Windows10Homeでのやり方が書いてなく、迷子になりました。

 

前置きが長くなりました。

とりあえず、「OneDriveで生きていく。」と決めたのでした。

 

とはいえ、LinuxでOneDriveを動かすにはひと手間必要です。

検索したところ、神ブログを発見。

UbuntuでOneDriveを使う(skilion / onedrive) | バジルは引っ越しました

 

ということで「skilion / onedrive」というものを使います。

skilionさんが作った、Linux版OneDriveです。

 

まずGitHubに登録しなくてはなりません。

それからGitをインストールし、mdファイルを云々しなくてはなりません。

・・・この時点で、GitとGitHubの違いを理解してませんでした。

 

上記のブログ通り進めると、こんな自分でもスムーズにインストールできました。

一点だけ注意なのは、依存関係のあるアプリを先にインストールする際の、README.mdから転載されている四行目、

wget -qO – http://dlang.org/d-keyring.gpg | sudo apt-key add –

これは

wget -qO – http://dlang.org/d-keyring.gpg

と、

sudo apt-key add –

を別々にコマンドします。

 

見事ホームディレクトリにOneDriveディレクトリが出来上がりました。

しかし実際にファイルを閲覧してみると、中には文字がスカスカなファイルもありました。

壊れちゃってました。

原因はよくわからんのですが、

①libreで開いたから

②skilion製だから

③そもそもWindowsでOneDriveに入れた作業で壊れてたから

くらいでしょうか。

 

文書の作成はやはり旧PCのWindowsでやろうと思いました。

ですが全く使えないことはないので、とりあえずこれで頑張ってみます。